T字ひげそり(カミソリ)の寿命を延ばす秘策!

ひげそりは替え刃が高い

ケノンの実験で書いたように、髭が濃いめのアラフォー男性の能美氏です。私同様に、髭が濃いめの方は一緒だと思うのですが、電気シェーバーでは、深剃りが甘く、毎日の髭剃りはT字のひげそり(カミソリ)を使っています。
学生時代は、ひげそり(カミソリ)も使い捨ての安いものを使っていましたが、どんどん濃くなってくると、良質のものでないと、深剃りできなくなってきました。そして行き着いたのは、やはりGillette(ジレット)かSchick(シック)。たぶん、多くの方がそうですよね!?

ひげそり(カミソリ)4種

ただ、良質のひげそり(カミソリ)は替え刃が高いのです(>_<)プリンタのインクが高いのと似たビジネスモデルですかね。ずーっと、何も考えずに普通に替え刃を買っていましたが、10年以上使って、やっと替え刃の交換サイクルを長くする方法はないのかな?と考えるようになりました。

見つけたのは『Razorpit(レイザーピット)』

ネットで、ひげそり(カミソリ)の刃を長持ちさせる方法を調べていると見つけたのが、『Razorpit(レイザーピット)』です。

by カエレバ

なんでも、デンマーク生まれのカミソリ刃シャープナーだとか。でも、よく説明を読んでみると、シャープナー(刃を研ぐ)のではなく、

シェービング後カミソリ表面に付着する残留物を取り除きカミソリをシャープ且つ清潔に保持することでカミソリの寿命を平均して6倍延ばし、カミソリの切れ味を長期に持続させます。

のだそうです(上記販売店の説明より)。

なるほど、確かにいつもシェービングに何枚刃かの隙間に入った、シェービングジェルやムースが詰まっているのをとるために、洗面器の中で振ったり、たたきつけたりしていました。それに、侍の刀も人を何人か切ると、とたんに切れなくなると聞いたことがあります。ムースや皮脂の付着した刃をきれいにすれば、切れ味は長持ちしそうです。

これは、買ってみる価値あり!!ということで買ってみることにしました^^

『Razorpit(レイザーピット)』が届いた

楽天ショップ、早いものですね!翌日には、レイザーピットが届きました。開けてみると、思っていたよりもコンパクトで、なんだかスマートフォンみたいなデザインです。

レイザーピット

レイザーピットを箱から出したところ

レイザーピットの説明書

レイザーピットの本体と箱と説明書

説明書は英語です。まぁ、読まなくても、楽天で扱っているサイトにいけば、使い方が書いてあります。

『Razorpit(レイザーピット)』を使ってみる

さて、実際に使ってみましょう。使い方は、レイザーピットにシェービングフォームをのせて、矢印マークにそって、ひげそりをスライドさせます。砥石で包丁を研ぐように、レイザーピットの上で、ひげそりを動かします。

img_0696

img_0697

img_0699

img_0705

img_0706

こんな感じです(ひげそりは、新しく買った、ジレット・プログライドです)。
その使用効果はというと、新品のジレットなので、まだ何とも言えない状態です。なので、これから替刃を使って、約3か月間の比較実験をしてみました。近日中に実験結果を公開したいと思います!公開しました→『Razorpit(レイザーピット)を試してみた

参考になった方は、「いいね」ボタン他をクリックお願いします^^(この少し下にあります)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク