碁石茶を試した結果と効果

碁石茶のお試しパック

2015年3月30日の『主治医が見つかる診療所』で、取り上げられていた碁石茶。次のような効能が期待できるかもとのことで、免疫力アップ、アレルギーにも効果があるかも、そしてアトピー性の皮膚炎への効果も期待して試してみることにしたことを以前の「碁石茶を飲んでみた」に書きました。

●高知県大豊町でしか生産されていない、日本でも珍しい二段階発酵させて作るお茶。
●一時期は生産農家が一軒になったほど、希少なお茶(現在は5軒)
●二段階発酵によって、非常に強い乳酸菌が含まれる様になり、その効果で、免疫力のアップが期待できる。
『主治医が見つかる診療所』Webサイト
健康寿命を延ばすプロジェクト 博士が注目する日本のすごい食材 大公開SP 第2弾より
http://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/backnumber/150330/index.html

早速、買ったのは、楽天でみつけた「大豊の碁石茶30gお試しパック」。

大豊の碁石茶30gお試しパック

結果は効果アリ?

前回書いたように、テレビでは、「独特」「クセがある」「渋い・苦い」「酸っぱい」などの感想が出ていたように思うのですが、飲んでみるとクセはさほど感じず、子供たちも飲めました。
その後の、効果・効能についてですが、私個人の皮膚の状態は良いように感じます(私は、大人になってから、アトピーのような湿疹がストレス過多の時期や多忙時期にでるようになりました)。子供たちも普通のお茶代わりに飲めたので、な~んとなく効果があるのかも??ってことで追加購入を決定しました!

同じショップで見つけたアウトレット品は、20gで500円(税別)!

おそらく通常詰めるときの崩れた茶葉が溜まった時だけの商品なのですが、形も思ったより崩れていなくて、以前のお試しパックが30gで1,000円(税別)なことを考えると、かなりお得です^^
これも全て飲んでなくなったので、追加で購入しようとするとアウトレット品は完売状態でした。そして、やっと買った通常品がこちら。

これもリピート購入しそうです。(2016年1月4日)

碁石茶の効能その後(2016年9月8日追記)

私個人も子供たちも、な~んとなく効果があるのかも??ってことで、追加購入しそうと↑に書きました。実際に買ってみたので、2016年9月8日、追記します。
2015年9月にアウトレットの碁石茶を買い、2016年1月に正規品を購入しているわけですが、今回2016年9月もアウトレットはなく正規品を追加購入しました。それは、やっぱり碁石茶がアトピーに効いているかも?と思ったからです。ちなみに、アウトレットは正規品の碁石版のような四角にカットした後のくずを中心にしたもので、四角くないからアウトレットなだけで古いわけではありません。なのでお得!!ただ、飲んでみて味は少しだけ違う気もしました。
どんな風に違うかというと、碁石茶特有の風味は正規品のほうがしっかりあります。アウトレットのほうが優しかったです。でも、私は正規品の碁石茶特有の味わいがするほうが好きです!

碁石茶の正規品

テレビでは、「独特」「クセがある」「渋い・苦い」「酸っぱい」などの感想が出ていたように思うのですが、飲んでみるとクセはさほど感じず、子供たちも飲めました。

と、以前の投稿で書きましたが、正規品はよりテレビで芸能人たちが言っていた感想に近いと思います。

碁石茶の飲み方

我が家では、ヤカンでお湯1リットルを沸騰させ、沸騰後に碁石茶1/2(先ほどの写真の1つを半分に手で割ったもの)を入れて、蓋を少しだけ開けた状態で5分間煮だしています。
煮だした後は蓋をして蒸らしています。その後は茶葉は入れたままのテキトーさです^^冷やすために麦茶容器みたなポットに入れなおす時に、茶葉を濾して捨てています。
碁石茶完成

碁石茶効いているかも(碁石茶で夏を超しました)

この記事を最初に書いた2016年1月の時点では、ふつうのお茶も飲みつつ、碁石茶と併用だったのですが、今年(2016年)は歴史的な猛暑!子供たちは外でも遊ぶし、汗をかいて痒いのではと思い、碁石茶を多めに購入しました!毎日のお茶を碁石茶にしました。今回もアウトレット品は完売だったのですが、別のお店で少し安いものを発見しました↓→そのお店も完売となっていました。

碁石茶やっぱり効果アリ!?

2016年の猛暑、碁石茶で乗り越えました!私も子供たちも、例年より痒くなかった気がします。まあ、病は気からと申しますし、碁石茶のパワーかどうかは確証はありませんが、でも、なんとなくアトピー体質を抑えてくれている気がしますよ^^

参考になった方は、「いいね」ボタン他をクリックお願いします^^(この少し下にあります)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク